詐欺対策およびリスクマネジメント

Error message

  • Deprecated function: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; views_display has a deprecated constructor in require_once() (line 3146 of /var/www/html/includes/bootstrap.inc).
  • Deprecated function: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; views_many_to_one_helper has a deprecated constructor in require_once() (line 113 of /var/www/html/sites/all/modules/ctools/ctools.module).

私たちは、リスクを軽減し、利益を増大させます。

Eコマース取引は、詐欺や複雑なマネー・ロンダリングに対して脆弱性があります。顧客の匿名性が比較的高く、カード処理速度が速いことから、グローバル決済の関係者はリスクを負うことになりますが、これは多くの危険性のごく一部に過ぎません。

2010年、詐欺によるウェブ加盟店の損失は約270億ドルに上っています。

アクワイアラー決済サービスプロバイダー、ISO、およびMSPは、加盟店と取引を結ぶ前に、まずリスクを識別し、管理しなければなりません。加盟店の財務概要と実際の身元を確かめなければなりません。加盟店の財務履歴とその財務実績はどのようなものか?どの商品やサービスが、どのような契約条件でそのウェブサイトで売られているか?その加盟店はどのような配送方法を使い、取引量はどのくらい見込めるか?顧客のリスク・プロフィールを形成するさまざまな要素を元に、担保が決定されます。

risk management card payments

アンダーライターがウェブ加盟店を承認した後、加盟店は金融活動作業部会(FATF)から推奨されるプロセスに従って保護されなくてはなりません。このプロセスは、PCIコンプライアンスと国際的な法規制が同時に行われます。
 

due dilligence

認可のフローは、加盟店を詐欺から保護している決済受け入れのプロセスの一部分に過ぎません。認可を得た後に、消費者の合法性を確認しなければなりません。


クロスボーダーなクライアント与信調査(KYCスクリーニング)により、顧客の本人確認を行いリスクを軽減するために必要なのは、承認済みの確証サービス、消費者の履歴分析、および購入機器の追跡によって構成される、強力な消費者のデューデリジェンスプロセスです。 カード決済は、パターン認識とルール・エンジンによって監視されています。これは、複雑なアルゴリズムに基づくリスク計算によるものです。金融犯罪における最新の傾向は、 当社の産業エキスパートによって監視されています。


当社はリスク 管理に対し、包括的なアプローチをとっています。そしてこれは、国際的に承認されたアンダーライティング・プロトコルのベストプラクティスとして結実しました。このプロトコルは、当社の中核をなすエキスパートが設計したものです。当社の確実かつ安全なカード決済処理・プラットフォームとハイエンドな決済レポートツールによって、Payvisionは、決済ソリューションの業界のリーダーとして世界で認められるようになりました。

Scroll UP